平均修復時間のネットワーク停止を削減する

通常、データセンターネットワークのトラブルシューティングには複数のチームが関与し、各チームはネットワークとそれがサポートするアプリケーションの異なるビューを持ちます。その結果、問題の解決は、問題を適切に特定し、ネットワークを延長するためにかかる時間を長くするボックスごとの手順になる可能性があります

ダウンタイム。アプストラAOS® 意図した設計に一致するネットワーク停止の統合ビューを提供し、平均復旧時間を短縮して、ネットワークのダウンタイムと停止をより迅速に特定して解決できるようにします。

質問する、回答を得る

インテントベースの分析—分析「プローブ」の堅牢なセットを活用して、ネットワークに複雑な質問をし、その回答を修復、トラブルシューティング、またはイノベーションに使用します。

ネットワークの設計と同じ完全なビューを使用して、ネットワークの停止に対処します

停止の原因として、不明な手動構成を排除します

異常の根本原因と、ネットワークとその上で実行されるアプリケーションへの影響を特定する

展開されたアプリケーションのネットワークインフラストラクチャのギャップを修正する

深層分析のための外部システムへの相関分析のストリーミング

洗練されたプローブインフラストラクチャで監視範囲を拡大

ネットワークの停止とグレー障害の防止

Intent-Based Analyticsを使用すると、ネットワークアーキテクトおよびオペレータは、ネットワークからのテレメトリセットについてアラートを発するための高レベルの条件を作成できます。

高度な機能

グループベース・ポリシー

アクセス・コントロール・リスト(ACL)やコマンドラインインターフェイス(CLI)構文を意識する必要なく、すべてのベンダーのネットワークアクセス管理とテナントセグメンテーションを簡素化します。

5-Stage Clos (Super Spine対応)

Apstra AOSは、5段階(3層)のL3 Closデザインをサポートするようにスケールアップし、アーキテクトが大規模なデータセンターネットワークを構築できるようにします。アーキテクトは、既存のポッドにラックを直接追加したり、既存のトポロジにまったく新しいポッドを追加したりして、必要に応じてネットワークを迅速に拡張できます。新しく追加されたネットワークセグメントの監視は自動化され、既存のトラフィックに影響を与えることなくネットワークへの機器の挿入が行われます。

高度な根本原因(Root Cause)の特定

サービスに影響を与える問題の原因をオペレーターに直接示すことにより、MTTR(平均修復時間)を劇的に改善します。事前定義されたカスタマイズ可能な自動化されたプローブと、コンテキストと根本原因の要約を含む異常の豊富なビューにより、トラブルシューティングを加速します。

ゼロタッチプロビジョニング

Apstraのユニバーサルゼロタッチプロビジョニングは、ブートストラップ操作をベンダー固有性から切り離します。複数のネットワークデバイスでネットワークオペレーティングシステム(NOS)のアップグレードとその他の基本操作を同時に実行できるため、さまざまなベンダーからの初期デバイスプロビジョニングに関連する時間と複雑さが軽減されます。

IPv6アプリケーションのサポート

IPv4とIPv6の両方を使用して、大規模な仮想コンピューティング環境とコンテナー化コンピューティング環境を同時にサポートすることで、ネットワークのアドレス設計を将来にわたって保証します。

クラウド規模のインフラストラクチャ

Apstra AOSはスケーリングを簡素化し、100,000台を超えるサーバーの大規模なクラウドおよびコンピューティングファーム向けの5-Stage Closなど、最大のデータセンター要件を処理します。シンプルな設計パターンとルールに基づく統合システムの監視と管理。

ネットワーク運用管理・構成変更の自動化

ビジネスアプリケーションに影響を与えることなく、ネットワークを拡張、縮小、および移行します。シンプルなブラウザベースのグラフィカルインタフェースを使用して、ネットワークハードウェアをメンテナンスモードに切り替えたうえで、機器交換やバージョンアップなどを作業を行えます。

マルチベンダーサポート

Apstra AOSはマルチベンダー対応であり、多くの異なるデバイスオペレーティングシステムと互換性があります。これは、複数のハードウェアで動作するオープンソースOSとの互換性も含みます。 AOSを使用すると、Cisco、Arista、Juniper、Cumulus、およびMicrosoft SONiCのようなホワイトボックスのデバイスのライフサイクルを簡単に展開および管理できます。

意図ベースの分析(IBA)

Apstra AOSの意図ベースの分析機能は、関連する分析をリアルタイムで取得する機能を提供します。当社の分析は、未加工のテレメトリから実用的な洞察と豊富なコンテキストを抽出します。ネットワークの状態をリアルタイムで探索し、ベストプラクティスと事前定義された業界最高のチェックを遅延なしで継続的に検証します。

ケーススタディ

アプストラがブルームバーグテレビジョンのメディア制作ネットワークを管理

ブルームバーグテレビジョンは、メディア制作システムをサポートするネットワークファブリック全体を可視化し、より効果的に管理するために、Apstraを試験的に導入しました。

調査をダウンロードする
ウェブセミナー

Apstraインテントベースの分析:ネットワークの停止とグレー障害を防止する

Apstra意図ベースの分析は、ユーザーの意図を通じてシステム停止の条件を定義し、結果を改善し、効率と生産性を向上させます。

今見る