2020 년 6 월 23 일

イ ン テ ン ト 型 ネ ッ ト ワ ー キ ン グ の 分類

カ ス タ マ や パ ー ト ナ ー だ け で な く 、 最近 で は 投資 家 達 ま で も が 「各 社 の イ ン ト ン ト 型 ネ ッ ト ワ ー ン ン グ (IBN) は ど こ が ど う 違 う の か?」い い う 疑問 を 抱 え て い ま す。 そ し て 私 が 耳 に す る 答 え の く 多 て 、 耳的 で 説明 的 、 ま た い か よ う に で も 解 釈 で き る も の ば か り で す。 し か し 本 当 に 求 め ら れ て い る の は 、 IBN ソ リ ュ ー シ ョ ン の 成熟 度 を 見 極 め る こ と で で る る 、 具体 的 で 事 実 で 基 づ い た 分類 法 的 で で。 こ の で 類法 を 使 う こ と で 、 レ ベ ル 0 (成熟 度 が 低 い / 未 完成) 要件 要件で き ま す。

ア プ ス ト ラ 社 は 2016 年 6 月 に イ ン テ ン ト 型 ネ ッ ト ワ ー ン グ (Intent-base Networking) 및 자기 자립형 네트워크 (Self-Operating Networks ™) と い う コ ン セ プ ト を 打 ち 出 し ま し た。 そ し て 様 々 な IBN シ ス テ 構築 構築이며こ と で 、 ネ ッ ト ワ ー ク 運用 担当 者 が 誇張 さ れ た マ ー ケ テ ィ ン グ に 惑 わ さ れ る こ と な く 、 適 切 な 購入 判断 が で き る よ う に な る こ と を 目的 と し 、 弊 社 ブ ロ グ に て IBN の 定義 各各 ベ ベ る全 て 網羅 し た リ ス ト を 掲 載 い た し ま し た。

レ ベ ル 0 の IBN : 基本 的 な 自動化

IBN が 成熟 す る に つ れ て 、 当初 の シ ス テ ム に は 必須 機能 全 て が 実 装 さ れ て い な か っ た と い う こ と が わ か っ て く る こ と も あ り ま す。 レ ベ ル 0 シ ス テ ム に 含 ま れ て い る べ き 機能 は :

  • 例 の 仕 様 を も と に 、 例 え ば ア ン シ ブ ル モ ジ ュ ー ル を 実 行 す る ス ク リ プ ト や NAPALM の よ う な 宣言 型 ラ イ ブ ラ リ ー と し て 装置 の コ ン フ ィ ュ ュ レ ー シ ョ ン 設定 が 作成 で き る。
  • 異 機 種 混 在 (ヘ テ ロ) な イ ン フ ラ に 対 応 で き る。
  • プ ロ ト コ ル や 伝 送 系 に 拘 わ ら ず ネ ッ ト ワ ー 状態 状態 リ リ ア ル タ イ ム に 取 り 込 む こ と が で き る。

レ ベ ル 0 に 欠 け て り り レ ベ ル 1 に 上 が る た め に 必要 な 機能 は 、 意 図 と ネ ッ ト ワ ー ク の 運用 状態 の 両 方 を 格納 し て い る 「信 頼 で き る 唯一 の 情報 源 (SSoT)」입니다. IB か が 確認 で き る こ と は 鍵 と な る 主要 な 要件 で あ り 、 IBN 構築 の 成熟 度 を 測 る 基本 要素 の 一 つ で す。 今日 の IBN ベ ン ダ ー の 大半 が ま だ レ ベ ル 0 に と ど ま っ て い ま す。

レ ベ ル 1 の IBN : 信 頼 で き る 唯一 の 情報 源 (SSoT)

이 문서의 내용은 여기를 클릭하십시오.と 言 っ た ネ ッ ト ワ ー ク サ ー ビ ス ラ イ フ サ イ ク ル の 全 て の 側面 に 関 す る デ ー タ と 状態 を 持 っ て い る デ タ ベ す で て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て て と て て。 そ も そ も 意 図 が 保存 さ れ て い な け れ ば 、 비지네스 要件 (意 図) が 実 現 さ れ て い る か 否 か を 判断 す る こ と は 不可能 が ら こ そ 、 こ の 分類 定義 は 重要 な の で で 。。が し て ビ ジ ネ ス ル ー ル の 変 更 の 妥当 性 (例 え ば 、 こ の 変 更 を 実 装 し て も 既存 の ビ ジ ネ ス ゴ ー ル や サ ー ビ ス に 影響 出 い き き き き き き)図 は 、 例 え て い え ば 、 指揮 者 も 見 て い る (意 図) と 同時 に 他 の 演奏 者 の 音 も 聞 い て い る (運用 状態) こ と に よ っ て は じ め て 自 分 の 楽 器 に も っ と も 適 切 な 演奏 で で き る と う う ー ー ケ ス ト ラ の 演奏 のよ う な も の で す。

SSoT が 実 装 さ れ て い る か は ど う や っ て 検 証 し ま す か? こ れ は 比較 的 簡 単 で す ― そ の 答 え を 得 る た め の ク エ リ を SSoT に 投 げ る API が あ れ ば 良 い の で す。 言 い 換 え れ ば 、 そ の API で 例 え ば 「ペ プ し の ト る ば い ペ 「ペ て し の ラ る フ る フ い フ」입니다.用 の 全 回 線 の 稼 働 率 は ど れ だ け か?」や や 「も し 回 線 X が ダ ウ ン し た り 輻 輳 し た り し た 場合 、 ど の カ ス タ マ に 影響 が 出 る か?」と い う ク エ リ に 回答 で き る か を 確認 す れ ば 良 い の で す。

も し SSoT が 無 か っ た ら 、 ど の よ う に し て こ の よ う な ク エ リ が 出 せ る で し ょ う か? お そ ら く 下 記 の 手 順 を 踏 む こ と に な る の で し ょ う ね。

  1. ネ ッ ト ワ ー ク マ ッ プ を 確認 す る :
    1. マ の マ ッ プ が 物理 的 に 現在 の ネ ッ ト ワ ー ク の 状態 を 反映 し て い る か を 確認 す る。
    2. 全 回 線 の 運用 状態 を 確認 す る。
  2. 테넌트의 콘 피규 레숀
    1. エ ン ド ポ イ ン ト は ど こ に あ る の か
    2. ス テ ッ プ 1 の ネ ッ ト ワ ー ク マ ッ プ に エ ド ポ イ ト ト オ ー バ ー レ イ す る。
  3. 모든 것 :
    1. ス テ ッ プ 1에서 ス テ ッ プ 2을 (를) 검색하려면 여기를 클릭하십시오.
    2. 回 線 障害 に よ る ト ラ フ ィ ッ ク の 経 路 変 更 の 影響 を 手 計算 す る。

、 し て 、 自 分 自身 で 情報 を 集 計 す る 、 も し く は ス ク リ プ ト を 書 く 、 も し く は コ ン サ ル タ ン ト を 雇 っ て 点 を 繋 い で 線 に し て ら ら わ て で す。 も し 、 自 分 自身 で 情報 を 連 携 さ せ る 必要 で あ る 場 で は 、 そ の す る입니다.レ ベ ル 0 の シ ス テ ム だ と い う こ と に な り ま す。 上 記 の ク エ リ の 回答 を 出 す の は IBN の 仕事 で す。 し か も こ れ は 次 の 成熟 度 レ ベ ル に 進 む た め の 基礎 を 築 く 機能 な の입니다.

 も しSSoT が 実 装 さ れ て い な か っ た ら 、 他 に で き な い こ と は 何 が あ る で る ょ う か? 障害 解析 が 必要 な 事態 が 発 生 し て も 、 ネ ッ ト ワ ー ク エ ン ジ ニ ア が IBN ソ リ ュ ー シ ー ン ー ン な ク エ リ を 掛 け ら れ ず 、 自 分 達 で 問題 を 問題の り 下 げ 解析 し な け れ ば な ら な い と い う 事態 が 発 生 し ま す。 こ の よ う な 解析 作業 は 往 々 に し て 、 手 作業 で 反復 性 の 高 い 単 純 作業 で あ る こ と が 多 く 、 時間 (や コ ス ト)가 か か る の み な ら ず 、 解析者 の 不 満 の 原因 に も な り ま す。 運用 状態 だ け 情報 が あ っ て も 意 図 が わ か ら な け れ ば 、 何 が 正 し く 何 が 間 違 っ て い る の か 判断 で き ま せ ん。 た と え イ ン タ ー フ ェ イ ス が 「는 것입니다」입니다.に ケ ー ブ ル 接 続 す る 意 図 が な け れ ば 、 다윈 트 테이스트 全 い い い い いて い る か も 知 れ な い の で す。 こ の よ う な 単 純 な 例 で さ え 、 何 が 正 し く 何 が 間 違 っ て い る か 、 ど う し た ら 判断 で き ま す か? 装置 の コ ン フ ィ ギ ュ レ ー シ ョ ン を 確認 す れ ば 良 い と 思 っ た か も 知 れ ま せ ん입니다 、 も し 誰 か が 誤 っ た 情報 を 設定 し て し ま っ て い た と し た ら ど う し ま す か? コ ト ト ー ル ー ル プ レ ー ン の プ ロ ト コ ル に し て も 不 具 合 や バ グ が あ れ ば い つ も ア テ に で か る と は 限 り ま せ ん。 今 の 装置 の 状態 は 必 ず し も そ の装置 の あ る べ き 状態 を 表 し て い る と は 限 ら な い の で す。

AOS® は 、 後 付 け で は な く 、 開 発 当初 か ら デ ー タ 中心 か つ SSoT を そ の 基本 原則 と し て 構築 さ れ て き ま し た。 メ ッ セ ー ジ バ ス と の 統 合 で は メ ッ セ ー ジ 中心 に 過 ぎ ず 、 デ ー タ 中心와 (과)과

レ ベ ル 1 を 一 言 で と う と 、 意 図 と 運用 状態 を 、 さ せ る SSoT が 存在 し て お り 、 意 図 が 正 し く 実 現 さ れ て い る か が 確認 で き る と い う レ ベ ル で す。 即 ち SSS言 え ま す。

レ ベ ル 1 は そ の イ ン フ ラ と 意 図 の 実 現 状態 を 確認 す る ク エ リ に 回答 で き る レ ベ ル だ と 言 い 換 え る こ と も で き ま す。 そ し て の の レ ベ ル 2 は 、 ネ ッ ト ワ ー エ ン ジ ニ ア や 運用 者이며,な ク エ リ を 投 げ て く れ る よ う に な る と い う レ ベ ル で す。

레벨 2 の IBN : 리아 알 타임 그리고 の 変 更 確認

レ ベ ル 2 の 重要 機能 : 意 図 が 正 し く 実 現 さ れ て い る か を リ ア ル タ イ ム で 確認 す る。

変 更 は 不可 避 な も の で あ り 、 変 更 で ど う 処理 す る か こ そ が IBN の 神 髄 と も 言 え る 役 割 で す。 変 更 に よ っ て は 、 ビ ジ ネ ス ル ー ル や ポ リ シ ー 変 更 と い う 形 で 運用 側 か ら 上 が て て る る る 図 で 形 う。 け れ ど も 、 そ れ よ り も さ ら に 対 応 が 難 し い の は 、 運用 状態 の 変 更 や 障害 と い う 形 で 発 生 す る イ ン フ ラ 側 か ら 上 が っ て く る 変 更 で す。 (し か も こ れ ら は 運用 者 が コ ン ト ロ ー ル で き な い 性格 の 変 更 で す。) も し 何か が 故障 し て も 、 確認 ク エ リ が 出 せ な け れ ば 、 そ の 障害 を 検 知 す る こ と は 難 し い で し ょ う。

. 監視 対 象 に し て い る い ベ ン ト が 発 生 し た 時 に 通知 を 受 け 取 る よ う な サ ブ ス ク リ プ シ ョ ン が 設定 さ れ て い れ ば 、 リ ア ル タ イ ム で こ の 通知 を 取 け 取 る こ と で で き ま す。 こ れ が リ ア ル タ イ ム입니다さ れ た バ ッ チ 処理 を 実 行 し て い る IBN シ ス テ ム は リ ア ル タ イ ム で は り り ま せ ん。 内容 に よ っ て は バ ッ チ 処理 が 適 し て い る も の も あ り ま す が 、 バ ッ チ 処理 で は る 役 立 立

複 雑 が 発 生 し て い る 領域 を 対 応 可能 な サ イ ズ に 分割 す る こ と で 、 複 雑 な 環境 で も 拡 張 性 が 出 せ る よ う に す る 仕 組 み が サ ブ ス ク リ プ シ ョ ン で す。 一 つ 一 つ の 変 更 を 全員 に 通知 す る 必要 は あ り ま ま ん ん 固 固 固の 動作 は そ れ 自身 の モ ジ ュ ー ル と し て 実 装 し 、 そ の 動作 に 関 連 す る イ ベ ン ト の 分 だ け サ ブ ス ク ラ イ ブ す れ ば 良 い の で す。

리아 알 타임が こ の 要件 の 中 核 で は あ り り ま す が 、 確認 機能 が ど の よ う に 実 装 さ れ て い る か と い う 点 に お い て 、 「プ ロ グ ラ ム 化 さ れ た 確認」も 忘 れ て は な り ま せ ん。 検 証 と い う 観 点 か ら 、 例 を 使 い な が ら こ の コ ン セ て を を紹 介 し て い き ま し ょ う。

「、 「テ ナ ト も し く は セ キ ュ ー テ ィ ー ゾ ー テ ィ ー ゾ ー テ ィ 追 追加 す る」과 い う ビ ジ ネ ス ル ー ル ー IBN シ ス テ ム に 提出 さ れ た と い う 例 を 考 え て み ま し ょ う。 実 際 に 変 更 す る 前 に 、 IBN シ ス テ ム이며

  • こ の 要求 は 既存 の ポ リ シ ー に 違反 す る か?
  • (IP や VNI 等) ど の よ う な リ ソ ー S が 使 わ れ る か?

運 な 例 を 考 み て し ま ま し ょ う。 運用 担当 者 が り ー フ フ イ ッ チ を 1 台 1 守

  • こ の 時間 枠 は こ の 変 更 を 実 施 す る タ イ ミ ン グ と し て 適 切 か?
  • 何 に 保守 モ ー ド に な っ て い る リ ー フ ス イ ッ チ は あ る か? 何 台 が 保守 モ ー ド に な っ て い る か?
  • こ の リ ー フ ス イ ッ チ に 接 続 さ れ て い る サ ー バ ー の 内 、 基幹 系 ア プ リ ケ ー シ ョ ン が 動 い て い る サ ー バ ー が あ る か?

上 記 の 3 つ の 例 は い ず れ も 、 リ ソ ー ス 配 分 、 ポ リ シ ー 、 運用 状態 の 情報 を 持 っ て い る SSoT に 対 し て 何等 か の ク エ リ を 投 げ る こ と が 必要 で す。 こ の ク エ リ の 回答 は コ ー ル バ ッ ク 関이며, 、 「프로그래밍 강화 (프로그래밍 추론)」(을)를 (를), 「프로그램 추론」」이라고 こ れ ら 固有 の 動作 を 、 標準化 さ れ た 再現 性 の あ る パ タ ー ン と し て 実 装 す る の に 必要 な 要件 で す。 大抵 の シ ス テ ム は ソ フ ト ウ エ ア と し て 構築 す る こ てで す が 、 我 々 は 、 試 験 可能 、 保守 可能 な ソ フ ト ウ エ ア の 必要性 を 強調 し て い ま す。 ど う や っ て こ れ を IBN ベ ン ダ ー に 担保 し て も ら い ま す か? い く つ か の 個別 の 動作 的 追加 し て も ら い 、 そ の プ ロ セ スが ど こ ま で 再現 性 が あ り 解 釈 可能 な の か 様 子 を 見 る だ け で す か ??

も し こ れ ら の 機能 が 無 か っ た ら ど う な る で し ょ う か? 何 か 障害 が 発 生 し た の に 、 解析 は バ ッ チ 処理 で 10 分 後 で な い と 何 が 起 き た の か わ か ら な い と し た ら 、 そ れ で は 遅 す ぎ る か も 知 れ ま せ ん れ。 も し SSoTと パ ブ / サ ブ サ ポ ー ト が 無 け れ ば 、 콘 피규어를 선택하고 運用 状態 を ク る ク ー ル ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 취 립 焼 刃 ー イ テ テ ー ー ー ー ー ー ー ー テ ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー 으で 理 者 が ポ リ シ ー サ サ ー ビ ス を 変 更 し た り 、 大事 な カ ス タ マ の 「ペ プ シ」に 割 り 当 て ら れ た イ ン フ ラ リ ソ ー ス を 変 更 し た 場 で で も 、 誇 り に っ い る る い る る い る担保 す る こ と が で き る で し ょ う か? 異常 発 生 の 検 知 の ト リ ガ ー と な る 閾 値 は 、 ネ ッ ト ワ ー ク エ ン ジ ニ ア が 介入 せ ず と も 、 そ の 時 の 運用 状態 に 基 づ い て ダ イ ナ ミ ッ ク に 設定 さ れ る よ う に な て て い ま す る입니다モ 社 の IBN シ ス テ ム は そ の 変 更 を 認識 し て 閾 値 が 調整 さ れ る よ う に な っ て い ま す か? そ れ と も こ の よ う な 場合 に 、、想 定 さ れ た」異常 に よ る 大量 の ア ラ ー ム を 避 け る た め に 監視 機能 を オ る 能 能 能 能 能 能 能 能 能す る こ と は で き な か っ た デ ー タ 収集 や 解析 を 、 異常 状態 を ト リ ガ ー と し て 、 必要 な 時 に (리아 알타이) (な ア タ タ ム で) 適 切 な 場所 の (パ ブ / サ ブ の 活用) DE タ タ 収 解析 解析 深 深 洞察 洞察 で れ れ れ れて い ま す か?

AOS は リ リ ー ス 当初 か ら グ ラ フ ベ ー ス の 表現 の 上 に パ ワ フ ル な パ ブ / サ ブ の 仕 組 み が レ イ ヤ ー 化 さ れ て い ま し た。 し か も こ れ こ そ が 弊 社 の 今後 の イ ノ ベ ー シ ョ ン の 柱 の 一 つ な の で す입니다. 、 の 日 の 先進 型 基 盤 に 存在 す る 意 リ や リ ソ ー ス 、 サ ー ビ ス 、 ポ リ シ ー 、 機能 と 言 っ た 要素 の 間 の 多 様 な 関係 を サ ポ ー ト す る の に 必要 な 複 雑 さ の ほ ん の 表面 を 掠 る こ と が で き ま せ ん。 し か も 純 粋 なグ ラ フ デ ー タ ベ ー ス に は 、 リ ア ル タ イ ム の パ ブ / サ ブ メ カ ニ ズ ム が サ ポ ー ト さ れ て い な い の で す。

(프로그래밍 적 추론) 、、 Program (ば え ァ 「フ ァ ブ リ ッ ク の ECMP は 総 合 的 な バ ラ ン ス が 崩 れ て い る か?) の よ う な) 複 雑 な 症状 の 根本 原因 の 解析 (RCA) の よ う な 高度 な 機能熟 す る イ ネ ー ブ ラ ー の 一 つ で す。 少 な く と も レ ベ ル 2 の 成熟 度 が 無 け れ ば 、 拡 張 性 を 持 っ た IBN の 構築 は 難 し い で し ょ う。

레벨 3 の IBN : 自律 運用

、 可能性 に よ っ て 意 図 と 運用 状態 が ク ロ ー ズ ル ー プ に で き た ら, 次 は 監視 で き た こ と に 対 し て 、 必要 に 応 じ て ア ク シ ョ ン を 取 が 取 れ る と い う の が 最後 の ス テ ッ プ で で。 こ の 究 極 の レ ベ ル に 達 す る で対 応 措置 が 用意 さ れ て い る 事 が 必要 で 、 こ の レ ベ ル に な る と IBN は 自律 運用 型 ネ ッ ト ワ ー ク に 向 か っ て そ の 道 を 進 む こ と に な り ま す。 し か し 、 レ ベ ル 2 と 3 に お い て 確 固 た る 基礎 を 築 い て お か な け れ ば こ の 自律ベ 用 型 ネ ッ ト ワ ー ク を 目 指 す こ と は 到底 不可能 で す。 レ ベ ル 1 か ら 3 ま で で 構築 し て お い た 機能 が あ れ ば 、 こ の 自律 運用 型 ネ ッ ト ワ ー ク の 実 現 は 技術 的 に は さ ほ ど 難 し く な い よ う に 見 え る か も 知 れ ま せ んが 、 現在 の 運用 方法 や コ ン ト ロ ー ル を ソ ト ト ウ エ ア に 任 せ る こ と に 対 し て ど れ だ け 運用 担当 者 の 抵抗 や 躊躇 が あ る か に よ っ て 、 導入 の 速度 が 変 わ っ て き ま す 。IBN ソ リ ュ ー シ ー の の 熟 度 熟 度 が 度 が が ま 熟の IBN が 提供 し て く れ る 機能 に 対 す る 受 け 入 れ 度 も 上 が っ て く る は ず で す。

AOS は 現時 点 で は レ ベ ル 2 の IBN ソ リ ュ ー シ ョ ン で す が 、 そ れ は 技術 力 の 問題 で は あ り ま せ ん。 技術 自 體 は 出来 上 が て て る る で で 。。 技術 の 進 歩 だ け で は 変 革 を 起 こ す 触媒 は は り り ま せ ん。 技術 で よ っ て も た な さ で た な商機 に 対 し て 業界 と し て ど う 対 応 し て い く の か が 変 革 の 実 現 に つ な が る の で す。 こ の デ ジ タ ル 変 革 が 人間 や 組織 に 浸透 し て く る と 、 自律 運用 型 ネ ッ ト ワ ー ク も 動 き 出 し 始 め る の で。

完成 度 と 拡 張 性

IBN 소유 어쇼 잉어 、、 성숙 성모 더 러리베이스 づ い た レ ベ ル 分類 の 他 に も 、 考慮 が 必要 な 制約 が 存在 し て い る か も 知 れ ま せ ん 。IBN 소유스 シ : 評 価 い る 際 に 熟 考 す べ き 制約 事項 :

  • 빈다 ン 有 の ソ リ ュ ー シ ョ ン で あ る
  • 特定 の リ フ ァ レ ン ス ア ー キ テ ク チ ャ に 特 化 し た ソ リ ュ ー シ ョ ン で 、 汎 用 性 を 持 た せ る 計画 が な い
  • ネ ッ ト ワ ー ク サ ー ビ ス ラ イ フ サ イ ク ル フ ェ ー ー ズ ズ ブ ラ ー ズ を 部分 的 に し か フ ォ ー カ ス し て い な い (設計 、 構築 、 展開 、 検 証 の 一部)
  • 特定 の 機能 に フ ォ ー カ ス し た ソ リ ュ ー シ ン (세큐리티, 到達 可能性 、 な ど)
  • 意 図 の み も し く は 運用 状態 の み に フ ォ ー カ ス し た SSoT を 使 っ て い る
  • 拡 張 性 に 制約 が あ る

も し 上 記 の よ う な 制約 が 存在 す る 場合 は 、 分類 に 条件 を 付 け る こ と も 考 え ら れ ま す。 例 え ば 、

  • 레벨1 (ネ ッ ト ワ ー ク の 到達 可能性 の み)
  • 레벨2 (벤다 X 社 に の み 対 応 、 展開 の み)

何等 か の 制約 が 存 ू す が 存 合 、 シ ス テ ム の 更改 と と も に 将来 的 に は そ の 制約 が 排除 さ れ る の か の 評 価 が 重要 に な っ て く る 場合 も あ り ま す。 言 い 換 え れ ば 、 そ の シ ス テ ム は 、 特定 の 領域 に の み 適 可 可能な サ イ ロ 型 の ソ リ ュ ー シ ョ ン に と ど ま る の か 、 そ れ と も サ イ ロ を 壊 し 制約 が 撤 廃 さ れ る も の な の か と い う こ と で す。 複数 の サ イ ロ 型 ソ リ ュ ー ン ー 「바 누르다」는 て ン ね て も이며, 0 の 場合 が 多 い で す。 な ぜ な ら ば 、 SSoT (信 頼 で き る 唯一 の 情報 源) と い う 基本 的 な 条件 を 満 た し て い な い か ら で す。

( 「호와 이토 봇 쿠스」소류 쇼유)) 그루 벤다 소류 쇼 노프 選 択 の 自由 が 妨 げ ら れ ま す。 今日 現在 は 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン の 速度 に て て サ サ ー ト の 充 実 に し て も 、が 、 同 じ よ う な 理由 で 将来 い い た た た た た, た た た ホ ホ ホ ホ ホ ホ ホ ホ ホ 으 으 으 으 으 으 고 으 으 으 으 으 으 으 으 으 으으십시오.ラ み な が ら 、 戦 略 的 に は 信 頼 で き る ブ ラ イ ト ボ ッ ク ス の 品質 や サ ポ ー ト レ ベ ル も 取 り 入 れ た い と 考 え る こ と も あ る か も 知 れ ま せ ん。 ど こ に そ の ト レ ー ド ド フ フ の 線 引 き を す る か は あ な な で 自身 の 判断 な の で で입니다.

 制約 が あ る と い う こ と は 、 設計 や モ デ ル 化 の 早 い 段 階 に お い て 既 に 特定 の 前提 条件 が 存在 し て る る い い こ と を 意味 し ま す。 後 に な っ て そ れ ら の 制約 を 約 す る の は 難 し い も も 知 れ ま せ ん 。IBNソ リ ュ ー シ ョ ン の 下 に あ る プ ラ ッ ト フ ォ ー ム は 柔軟 性 が あ る の か 、 新 た な リ フ ァ レ ン ス デ ザ イ ン や イ ノ ベ ー シ ョ ン と 歩 調 を 合 わ せ て 進化 す る こ と が で き る か な ど も 理解 し て お く 必要 あ あ ま ま。

だ か ら こ そ 、 展開 す る シ ス テ ム は 今後 進化 す る こ と が で き る の か を ち ゃ ん と 理解 し て お く こ と が 重要 な の で す。

結論

IBN だ と 自称 す る 様 々 な 提案 を 提案 、 提案 、 レ 述 レ レ レ レ レ レ レ レ レ行 う べ き は 、 そ の マ ッ ピ ン グ さ れ た レ ベ ル に お い て 、 そ の IBN ソ リ ュ ー シ ョ ン が ど れ だ け の 完成 度 と 拡 張 性 が あ る か の 確認 で す。 真 剣 に IBN の 構築 を 検 討 し て い る の で あ れ ば (真 剣 に 検 討 す べ き だと 思 い ま す が) 逆 に 成熟 度 レ ベ ル の 分類 を 使 っ て 、 自 社 の ネ ッ ト ワ ー ク に 対 し て ど の よ う な 機能 が 必要 な の か 、 ま た 各 々 の 機能 に ど れ だ け の 拡 張 性 と ス コ ー プ が 必要 な の か を 要件 と し て考 え る こ と も で き ま す。

選 し て 、 選 ん だ ソ リ ュ ー シ ョ ン が 今後 進化 で き る の か も 考 え て お く べ き で し ょ う。 我 々 の 遺 伝 子 の 中 に あ る コ ー ド は, そ の 発 現 に 変 動 性 が あ り 、 環境 の 変 化 に 応 答 す る 能力 を 持 っ て い ま す。 こ で発 現 可塑性と 言 い ま す。 例 え ば 、 よ り 多 く の 食糧 と 運動量 に 応 答 す る 能力 が あ る 哺乳類 は 筋肉 量 を 増 加 さ せ る こ と が で き ま す が 、 ヘ ビ は 筋肉 量 を 増 加 さ せ る こ と が で き ま せ ん。 こ の よ う な 可塑性 に つ い て 、 IBN입니다の DNA を 確認 き で で な い で し ょ う か。 も し ヘ ビ を 購入 し た の で あ れ ば 、 新 た な 要件 に 対 応 し て 筋肉 量 を 増 や す と い う こ と は 期待 で き ま せ ん。 で も そ こ で ベ ン ダ ー は 、 よ り 大型 の 筋肉 の 多 い ヘ ビ で売 り つ け よ う と す る か も 知 れ ま せ ん ね。 た く さ ん の ヘ ビ を 飼 う つ も り は く く, か つ 環境 の 変 化 に 適 応 す る 必要 が あ り 、 広 く 選 択 肢 を 確保 す る こ と に よ っ て 競争 力 を 維持 し た い で あ れ ば ばを 購入 す べ き な の で す。

こ の ソ 明 を 読 ん で 、 ヘ ビ と 哺乳類 の 違 い が 明 ら か に な っ た で し ょ う か? IBN ソ リ ュ ー シ ョ ン に と っ て SSoT は オ プ シ ョ ン で は く, 必須 項目 で す 。SSoT に 意 図 と 運用 状態 の 両 方 が 格納 さ で て い る な も っ る입니다. N 目 で す 。IBN 소류 쇼 네리아리 아 알타 타임 능과 粒度 い い か い パ ブ / サ ブ の 仕 組 み が 備 わ っ て お り 、 適 切 な タ イ ミ ン グ で 正 し い 回答 が 得 ら れ る こ と も と プ シ ョ ン で は な く 、 必須 条件 な の で。

IBN 소류 어쇼 와이, 마루치 벤다 環境 の サ ポ ー ト が 内 蔵 さ れ て い る か 、 理論 的 に で は な く ち ゃ ん と 実 装 さ れ て い る か も 必須 条件 で す。 各 々 の レ ベ ル は 、 明確 に 定義 さ て お り 、 白 黒 が は っ き し て は ま す。こ の ブ ロ グ で 解説 し た よ う に 各 々 の 技術 的 な 機能 は メ リ ッ ト に 明確 に マ ッ ピ ン グ で で る る の で す。 こ の 情報 が あ れ ば 、 自 分 自身 で 判断 で き る は ず で す。

사샤 ・ 라트 코 빗치

CTO, 創設 者

 


사샤 라트 코 비치

사샤 라트 코 비치

설립자 & CTO